人からものを譲り受けるとき、普通であれば特に問題が無く受け取ることができるものです。
しかしこれがある特定のものとなってくると話は別になってきます。

たとえば家を親から子供に相続させるときには手続きが必要ですし、相続税と言う税金もかかります。
a1180_005648

 

このように特殊なことをしなければならないものの湯瑠璃受けと言うものは存在しますが、自動車も同じです。
自動車には税金がかかります。

自動車税としてかかる費用は微々たる物ですが、それはその自動車を持っている人に適用される税金です。

共同で使う場合でも同じで、その自動車を所有している人に税金などの負担がかかってきます。

ナノで自動車を譲るときには名義変更と呼ばれる特殊な手続きをしなければ、ただ譲り渡しただけでは譲り渡した後にもその自動車の所有者は譲り渡したほうの人になったままですから、また税金の納税義務が発生することになります。

これを防ぐために、そして完璧に揺る利渡しました、と言うことを証明するために名義変更と呼ばれるものが必要になってくるのです。

名義の変更自体は難しく考えがちですが、実際は自分でも書類をそろえれば簡単にできますので、自分でやれば費用も安く済むようになります。

 

 
リクルートカードを新規に作ろう!