» 色々な車のブログ記事

エコカー減税

| 色々な車 |

クルマの維持費はクルマを維持していく上で避けては通ることの出来ない問題になります。それが排気量の多いクルマやボディが大きくて重いクルマであればなおさらのことであり、その影響もあってコンパクトカーや軽自動車が人気を出すようになりました。ですが、それ以外でも税金を減らすことが出来る対策が国によってとられることになりました。

 

それがテレビのコマーシャルなどのフレーズでよく耳や目にすることのある「エコカー減税」でありますが、これはエコカーとさだめられたクルマを買うことによって税金を一部カットすることができるようになると言うシステムです。これを利用してこうしたエコカーを買い求める人が爆発的に増えたのですが、スバルにおいてもそうしたエコカー減税を利用した売れ行きのアップがされているクルマが多く存在しています。

 

そのうちのひとつが7人乗りのクルマとして知られている「エクシーガ」であり、エコカー減税の対象車となっているクルマであります。このクルマは発売当初はリーマンショックが起こってしまったことなどで売れ行きがあまり良くありませんでしたが、品質をアップしたりエコカー減税の利用によって売れ行きを回復できたのです。

 

 

 

 

 

初代エクシーガ

| 色々な車 |

スバルから発売されているクルマはだいたいが水平対抗エンジンを搭載していますが、その中でも7人乗りのクルマとしてミニバンのようなあつかいを受けているクルマがエクシーガです。このエクシーガはレガシィの派生モデルであると言う見かたもすることが出来、モデルチェンジは今のところまだされずに初代エクシーガが販売されつづけています。

 

初代エクシーガは2008年の6月17日に発売がスタートし、コンセプトとして「7シーターパノラマツーリング」と言うキーワードをかかげての発売となりました。この初代エクシーガにはそれまでフォレスターやレガシィなど、ステーションワゴン系のクルマを多く生産して来たスバルのノウハウがいろいろと詰め込まれており、そのテクノロジーを詰め込まれて開発されてきたのがこの初代エクシーガであると言うエピソードがあります。

 

基本的にはレガシィなどと同じように自然吸気のエンジン、それからターボモデルのエンジンを初代エクシーガでも採用しており、自然給気エンジンではのちに廃止されたもののFFレイアウトもラインナップされていました。今は一部のグレードが生産終了しましたが、まだ新車のディーラーで買うことが出来ます。

 

 

 

 

 

概要

| 色々な車 |

『ぶつからないミニバン?』と言うキャッチフレーズを持っているクルマが、スバルから発売された7人乗りのクルマである「エクシーガ」になります。このエクシーガの概要ですが、まさしくそのキャッチコピーがすべてを物語っています。何故この『ぶつからないミニバン?』と言うキャッチフレーズが与えられたのかと言うと、ミニバンでは無く普通のクルマであると言うこと、それから新開発の「アイサイト」と言うアシストシステムが搭載されていることによります。

 

そのデザインからレガシィの派生車種と見られることもあり、実際にオーストラリアでは派生車種として発売されています。スバルでは今までレガシィやフォレスター、それからインプレッサと言った多くの水平対抗エンジン搭載の4WDのクルマをつくってきたために、このエクシーガにもそうしたクルマでつちかって来たノウハウが詰め込まれているのです。

 

パーツに関してもその約半分となる50パーセントのパーツをレガシィと共用しており、コストダウンやパーツの流用性と言ったポイントで大いに貢献しているほか、シャシーでもインプレッサやフォレスターと同じものを使っているクルマとなっているのがこのエクシーガなのです。

 

 

 

 

 

アイサイト

| 色々な車 |

テレビのコマーシャルで有名になっているクルマの新世代のテクノロジーが、クルマにぶつかりそうになったら自動的にブレーキを踏んで止まってくれるシステムの「アイサイト」です。このシステムはスバルのクルマに搭載されているシステムとして有名になりましたが、アイサイトを搭載している7人乗りのクルマが「エクシーガ」です。

 

スバルが日立製作所といっしょになって独自に開発したテクノロジーであるこのアイサイトはもちろんスバルのクルマに搭載されているわけであり、ブレーキなどのアシストコントロールをしてくれるシステムになっています。しかしながらアイサイトは完璧なシステムではなく、夜や夕方と言った時間帯の都合、それから雨や雪などの天気の都合などで性能にも限界がありますので、このアイサイトの性能を過信しすぎて事故を実際に起こしてしまったと言うケースも存在しています。

 

当初、アイサイトはエクシーガに搭載されていたものとレガシィに搭載されていたもので性能がいっしょのものでありましたが、のちにレガシィでは「アイサイトバージョン2」が搭載されたものが発売され、のちにエクシーガにもアイサイトバージョン2が搭載されることになりました。

 

 

 

 

エクシーガ

| 色々な車 |

a0007_001777

 

クルマのラインナップにおいて派生モデルが発売されることは今の時代では良くあることですし、昔からそうした手段は多く見られる販売戦略のひとつとして知られていました。スバルから発売されている「エクシーガ」と呼ばれるクルマもそうなのですが、このエクシーガは7人乗りの「ミニバン」では無く多人数乗り車と言う位置づけになっているクルマなのです。

 

もともとエクシーガはレガシィの派生モデルのような位置づけのクルマで海外での販売もされており、インドネシアやオーストラリアなどで販売されていますが、オーストラリアではレガシィの派生モデルと言う位置付けで「リバティ・エクシーガ」の名前でこのエクシーガが販売されています。

 

またこのエクシーガには先進的なテクノロジーとして注目されている「アイサイト」が搭載されており、実際にタレントや芸能人が壁に向かってエクシーガで加速してぶつからないかどうかをチェックするテレビコマーシャルも放映されていました。最初はあまり売れ行きが良くなかったこのエクシーガは一部のグレードの生産を終了した販売スタイルとなっていますが、今は品質を改良したり、流行りのエコカー減税で売れ行きを徐々に伸ばしています。