» 方法のブログ記事

費用について

| 方法 |

車の名義変更をする時に気をつけなければいけないのが費用の問題です。

費用としては自分で名義変更をするときには時間が掛かる代わりに大体総額で3000円くらいで済むものですが、業者に頼めば手間が自分で頼むときよりもかからない代わりに費用が30000円くらいが相場になるという、約10倍の値段の差が出てきます。

ですがこれらは手続きをそのまますることでかかる費用であって、それ以外の事情で費用がプラスされることも車の名義変更の場合にはあるのです。

それはナンバープレートを変更する場合であったり、申請書の代金であったりというものがかかります。

まずは申請書の代金ですが、これは100円くらいで済みますので特に問題は無いでしょう。
それから移転の登録に必要な手数料として500円がかかります。

また自動車の取得税が次の所有者には掛かってくることになりますが、これはその車の年式であったり新車のときに販売されていた値段などさまざまな条件によって違ってきます。

またナンバープレートを変更すると言ったときに、希望するナンバープレートの番号や字光式ナンバープレートを注文する場合には受注での生産となるので、料金が普通のナンバープレートより高くなります。

特殊な場合の名義変更

| 方法 |

手続きに関しては一般的な手続きの仕方に沿ってやることになりますが、特別な事情などがある場合にはまた違った方法で手続きをしたり、違うものをそろえてから手続きに向かわなければいけなかったりと言ったことになることもあります。

まずは新しく車を所有する人の車を使う人が、別に居るとなっている場合には新しい使用者の住民票が必要になります。

それから新しく使う人が自分で申請できない場合にはその使用者の委任状が必要になります。

次に所有者が何らかの形で亡くなってしまった場合には、所有者の戸籍謄本と遺産分割協議書が一般的に必要になりますが、事情によってまた違ってくるので運輸支局に問い合わせて確認を取りましょう。

それから未成年の人が車を所有するとなれば、発行から3ヶ月以内の未成年の人の戸籍謄本と、両親のどちらかの印鑑証明書、そして両親の実印が押してある同意書が必要です。

最後に車検証に記載してある前の所有者の住所や氏名が印鑑証明書の内容と違っている場合がありますが、この場合には発効日から3ヶ月以内の書類を用意します。

まず、住所が異なる場合には確認の為に旧所有者の住民票が必要になります。
そして氏名が違う場合には旧所有者の戸籍謄本が必要となります。

業者に頼む場合

| 方法 |

車の名義変更を自分でやる場合には、まず用意する書類の数が違ってきます。

自分で変更する場合には自賠責保険証、譲渡証明書、印鑑証明書、車庫証明書、納税証明書、そして1人で行く場合には委任状が必要になります。

これらを業者に頼むとなった場合においては、まずは自分でやる場合と同じく前の所有者の実印が押してある状態の譲渡証明書が必要になります。

次に印鑑証明書ですが、これも自分でやるのと同じく前の所有者の印鑑証明書と、次の所有者の印鑑証明書の2つが必要になります。

これらはどちらも発行から3ヶ月以内でなければなりません。

それから委任状に関しても同じく3ヶ月以内のもので前の所有者と次の所有者のものが必要です。

それから車検が切れていない車検証、そして次の所有者の車庫証明書が必要です。

ここで必要にならないものは自動車税の納税証明書と、陸運局で手続きを行なう時に必要な申請書が不要になります。

これらに関しては業者がやってくれるので、書類をしっかりと用意して置きましょう。

それから車庫証明に関しては、合わせて証明を取る場合には必要がありませんのでこれも業者にやってもらう形になります。

手続きを業者に任せることで、費用はかかりますが自分の時間はかからないのです。

自分でする場合

| 方法 |

車の名義変更を自分ひとりですべてやる場合には、まずは手続きに必要な書類一式を集めなければいけません。

この場合ですが、必要なものとしては車検証であったり印鑑証明であったりといった良く見かけるものですからそれほど手間もかからずに集めることが可能になります。

しかし、車を譲ってくれる人が一緒に陸運局へと行けない場合はそうした書類のほかにも委任状が必要となります。

このように書類と言っても提出するものは決まっていますので、これらを貰ってきて記入をするのです。

この手続きや書類を取りに行く、記入をするのに手間がかかると言うだけであり、後は提出するだけなので手間はそれほどかかりません。

こうして自分でも名義変更が出来るようになりますので、専門の業者に頼むよりずっと安く費用も抑えることが出来ることもポイントです。

手間をかけて費用を安く抑えるようにするのか、それとも業者に頼むかは自分次第になるのですが、陸運局まで行く時間が無かったり他のことで一杯一杯だと言うことであれば素直に業者を呼んで頼み、名義変更の手続きをしてもらうことが確実に手続きを完了させるための方法となりますので、自分の時間やお金と相談して決めましょう。

 

 

車買取相場表はこちら

 

 

 

名義変更のやり方

| 方法 |

自分が持っている車を誰かに引き渡す、もしくは売ると言った場合などには名義の変更が必要となりますが、その場合においてはまずいろいろな書類を用意しなければいけないことになります。

ただカギと車を渡しただけでは完全に譲り受けた、または売り渡したことにはなりませんし、車の所有者の名義もそのまま前の持ち主のままなので前の持ち主のところに税金の支払いの義務が発生しますので、話がややこしくなることになってしまいます。

それを防ぐために名義変更をするのですが、手間はかかるけれどやり方としては簡単なものです。

簡単に言ってしまえば必要な書類をそろえてそれに記入し、陸運局へと提出して名義変更の認可を受けるという、これだけのことなのです。

その為には前述の通り書類を用意することから始めなければいけません。

これらを自分でやるとなれば書類の費用や交通費だけで済むことになりますが、業者に依頼するとなると話は別で、こうした手数料の総額としては大体30000円くらいと言うのが相場です。

自分で全て用意する場合は3000円くらいですが、陸運局までの交通機関が発達していないなどと言った場合にはこうしたお金もやむをえない出費になってしまうものです。