業者に頼む場合

| 方法 |

車の名義変更を自分でやる場合には、まず用意する書類の数が違ってきます。

自分で変更する場合には自賠責保険証、譲渡証明書、印鑑証明書、車庫証明書、納税証明書、そして1人で行く場合には委任状が必要になります。

これらを業者に頼むとなった場合においては、まずは自分でやる場合と同じく前の所有者の実印が押してある状態の譲渡証明書が必要になります。

次に印鑑証明書ですが、これも自分でやるのと同じく前の所有者の印鑑証明書と、次の所有者の印鑑証明書の2つが必要になります。

これらはどちらも発行から3ヶ月以内でなければなりません。

それから委任状に関しても同じく3ヶ月以内のもので前の所有者と次の所有者のものが必要です。

それから車検が切れていない車検証、そして次の所有者の車庫証明書が必要です。

ここで必要にならないものは自動車税の納税証明書と、陸運局で手続きを行なう時に必要な申請書が不要になります。

これらに関しては業者がやってくれるので、書類をしっかりと用意して置きましょう。

それから車庫証明に関しては、合わせて証明を取る場合には必要がありませんのでこれも業者にやってもらう形になります。

手続きを業者に任せることで、費用はかかりますが自分の時間はかからないのです。