名義変更のやり方

| 方法 |

自分が持っている車を誰かに引き渡す、もしくは売ると言った場合などには名義の変更が必要となりますが、その場合においてはまずいろいろな書類を用意しなければいけないことになります。

ただカギと車を渡しただけでは完全に譲り受けた、または売り渡したことにはなりませんし、車の所有者の名義もそのまま前の持ち主のままなので前の持ち主のところに税金の支払いの義務が発生しますので、話がややこしくなることになってしまいます。

それを防ぐために名義変更をするのですが、手間はかかるけれどやり方としては簡単なものです。

簡単に言ってしまえば必要な書類をそろえてそれに記入し、陸運局へと提出して名義変更の認可を受けるという、これだけのことなのです。

その為には前述の通り書類を用意することから始めなければいけません。

これらを自分でやるとなれば書類の費用や交通費だけで済むことになりますが、業者に依頼するとなると話は別で、こうした手数料の総額としては大体30000円くらいと言うのが相場です。

自分で全て用意する場合は3000円くらいですが、陸運局までの交通機関が発達していないなどと言った場合にはこうしたお金もやむをえない出費になってしまうものです。