自分でする場合

| 方法 |

車の名義変更を自分ひとりですべてやる場合には、まずは手続きに必要な書類一式を集めなければいけません。

この場合ですが、必要なものとしては車検証であったり印鑑証明であったりといった良く見かけるものですからそれほど手間もかからずに集めることが可能になります。

しかし、車を譲ってくれる人が一緒に陸運局へと行けない場合はそうした書類のほかにも委任状が必要となります。

このように書類と言っても提出するものは決まっていますので、これらを貰ってきて記入をするのです。

この手続きや書類を取りに行く、記入をするのに手間がかかると言うだけであり、後は提出するだけなので手間はそれほどかかりません。

こうして自分でも名義変更が出来るようになりますので、専門の業者に頼むよりずっと安く費用も抑えることが出来ることもポイントです。

手間をかけて費用を安く抑えるようにするのか、それとも業者に頼むかは自分次第になるのですが、陸運局まで行く時間が無かったり他のことで一杯一杯だと言うことであれば素直に業者を呼んで頼み、名義変更の手続きをしてもらうことが確実に手続きを完了させるための方法となりますので、自分の時間やお金と相談して決めましょう。

 

 

車買取相場表はこちら