特殊な場合の名義変更

| 方法 |

手続きに関しては一般的な手続きの仕方に沿ってやることになりますが、特別な事情などがある場合にはまた違った方法で手続きをしたり、違うものをそろえてから手続きに向かわなければいけなかったりと言ったことになることもあります。

まずは新しく車を所有する人の車を使う人が、別に居るとなっている場合には新しい使用者の住民票が必要になります。

それから新しく使う人が自分で申請できない場合にはその使用者の委任状が必要になります。

次に所有者が何らかの形で亡くなってしまった場合には、所有者の戸籍謄本と遺産分割協議書が一般的に必要になりますが、事情によってまた違ってくるので運輸支局に問い合わせて確認を取りましょう。

それから未成年の人が車を所有するとなれば、発行から3ヶ月以内の未成年の人の戸籍謄本と、両親のどちらかの印鑑証明書、そして両親の実印が押してある同意書が必要です。

最後に車検証に記載してある前の所有者の住所や氏名が印鑑証明書の内容と違っている場合がありますが、この場合には発効日から3ヶ月以内の書類を用意します。

まず、住所が異なる場合には確認の為に旧所有者の住民票が必要になります。
そして氏名が違う場合には旧所有者の戸籍謄本が必要となります。